業務内容

TOP > 業務内容

アスファルト防水

  • 合成繊維不織布にアスファルトを含浸・コーティングしたシート状のルーフィ ングを貼り重ねて形成する工法で、加熱・溶融したアスファルトが、積層してゆ くルーフィングとの接着剤としての役目をはたし、独立した層としての防水層 を形成し 水の浸入を防ぎます。積層型なので接合部の信頼性が非常に高いのが特徴です。 ルーフィングシートを積層することにより、水密性に優れた防水層が構成され るので、露出仕上げや押えコンクリートで仕上げたり屋上緑化を施したりと多 彩な仕上げが可能です。
  • アスファルト防水

トーチ防水

  • アスファルトルーフィング材をトーチバーナーで溶着させるため、溶融釜でアスファルトを高温で溶融させる必要や、その際に出る臭気や危険性などの懸念がありません。 またシート同士を接合させる際も、隙間なく溶着させることができるため、水密性の高い防水層を形成しやすいです。
  • トーチ防水

シングル防水

  • 心材(無機質繊維ガラスマットなど)にアスファルトを浸透・被覆し、その上面に鉱物質の彩色砂粒を、下面には鉱物質の粉粒を焼き付け、又は圧着したものを指します。 軽量で柔軟性・防水性が高いためさまざまな形状の屋根に対応できます。 また、屋根葺き材を撤去せずに改修することや、断熱材と組み合わせて施工することも可能です。
  • シングル防水